台風21号進路予想 2017 最新

台風


台風21号進路予想 2017 最新バージョンです。

気象庁、米軍、ヨーロッパでの正確性の高い情報をまとめています。

スポンサーリンク

気象予報士による各国スパコン予報

2017年台風21号 ヨーロッパ 最新進路予想

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予想画像では、台風21号?と思われる渦の発生が見えます。日本に近づいて、太平洋側を通過している様子が予想されています。


クリックすると動きます。

台風21号のたまごである可能性が高いです。今後も情報が入り次第、追記していきます。

全球数値予報モデルGSMによる週間予報

台風21号は、22日には沖縄に接近し、その後日本を縦断していくかのような進路をとります。

以下に紹介するのは、気象予報をまとめている『数値予報モデルの天気図倉庫』より。

 

10月22日

 

10月23日

 

10月24日

間違いなく、日本列島に向けて進路をとっています。多少逸れるとしても、太平洋側の地域を暴風域に巻き込む形になるはずです。

2017年台風21号 米軍 最新進路予想

米軍の観測でも、強い風の中心がみえます。
2017年台風21号 米軍 最新進路予想

TS24Wは、台風20号(サリカー)。そして、台風21号と思われるのが、この91Wです。

米軍はその年の1月から台風をカウントします(01Wからスタート)。これは日本も同じです(1号からスタート)。

しかし、台風の認定の方法が両方とも違う為に、表示される数値に差ができます。

日本では、台風21号。米軍では91Wとなっています。

2016年の10月に発生した台風の進路

2016年の10月に発生した台風の進路です。いずれも、日本への上陸や接近はありませんでした。2017年10月13日現在確認できている台風20号についても、日本への接近の心配はないようです。

またこの記事で紹介している21号は、日本の太平洋側へ接近するかのような進路を取っていますが、大きくそれる可能性も高いと感じます。